給湯器の水漏れの原因

給湯器の水漏れの原因 本体から水が漏れているのを見つけた場合には、どのように修理をしていくのがいいのでしょうか。基本的な確認ポイントをしっかりと把握しておくようにするといいでしょう。ポイントを抑えておけばスムーズな修理を進めていくことが出来るはずです。併せて必要となる工具を自宅に購入しておくこともお勧めです。自力で修理出来ない場合もあり、中途半端な知識で修理を進めてしまうと逆に破損してしまうこともありますので、インターネットなどで調べて知識を蓄えておくことも必要です。わからないことは業者の方に遠慮なく相談してみてもいいでしょう。慎重な対応がお勧めです。

■ネジの緩みの確認

まずは、給湯器のパイプのネジの緩みを確認してみるべきです。緩みがあるようでしたら、水道のパイプ用の工具を使って締めなおして見ると水の噴出が解消することもあります。ネジの締め直しをする場合には、必ず専用の工具を使います。そうしないと給湯器の他の部分を破損してしまう可能性が出てきてしまいます。あるいはパイプの接続部分に使われているパッキンが劣化してしまっている可能性も考えられます。パッキンは量販店で手に入れることができますので、そこで購入してみると良いでしょう。パッキンの交換をする場合には必ず、水道の元栓を閉めた状態にしておきます。ネジを締めなおすときには強く締めすぎないようにすることが肝要です。強すぎてしまうと本体を破損してしまう恐れがあります。
水道の元栓を閉めてしまうと、水道を一切使うことが出来なくなってしまいます。水道が使えないというのはかなり不便なことですので、それを避ける意味で、一時的に修繕テープを使うという方法も考えられます。あくまでも応急処置になりますので、本格的な修理を行うことが必要です。

給湯器 交換の場合
給湯器本体に異常があって、水漏れが起きている場合には、自力で交換することは不可能と考えていいでしょう。専門の業者に連絡をして、交換修理を依頼すべきです。給湯器を使うことが出来ない状態というのは非常に不便なものですので、24時間対応の修理業者に工事を依頼してできるだけ早く修理を完了することが肝要です。迅速に修理を完了することは非常に大事なことではありますが、無駄に高額の料金を支払うことのないよう、必ず工事をスタートする前に現場を確認後、見積もりを用意してもらっておくと良いでしょう。工事にあたって不明の点があれば遠慮なく業者に問い合わせるようにしましょう。
給湯器の交換をする場合には、パイプから汚れた水がこぼれ出ることも考えられますので、雑巾やバケツなどを用意しておくことが必要です。

■家の点検も必要

給湯器からの水漏れが起きている場合にはもちろん給湯器の修理をすることが必要になりますが、家の他の箇所のパイプのトラブルの可能性も考えておくことが必要です。水回りは経年劣化をするものですので、長期間水回りを使用していると色々な部位でトラブルの可能性が出てきてしまいます。例えば水回りのパイプは壁の中にもありますので、水漏れトラブルを放置してしまうと壁の修理が必要になることも考えられます。家の外に水漏れが起きてしまうような事態になってしまうと近隣住民とのトラブルの原因になります。水漏れ箇所の総点検は自力で行うことは不可能ですので、プロの業者に点検を依頼するようにするべきです。

■まとめ
給湯器からの水漏れの場合には、給湯器周りのネジやパッキンの不具合をまずは確認しておくことが必要です。水漏れの状態をそのままにしておくことはできませんので、修繕テープを活用して、応急処置をしてみることもお勧めです。本体の交換修理を行う場合には現地で見積もりを作成してもらってから、実際の工事をするようにすることが重要です。水漏れのトラブルに遭遇したら、念のため家中の水回りの点検を業者に依頼することがお勧めです。水漏れに気が付かないでいると家屋に大きなダメージを与えてしまうことありえます。結果として莫大な修理費用となる場合もありますので注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース