給湯器の水漏れからおこるトラブル

給湯器からの水漏れが起きてしまうとどのようなトラブルが起きてしまうのでしょうか。トラブルが拡大しないように速やかな対応が必要になります。大きな損失になってしまうことも少なくありません。

■水道代の問題

水漏れが起きてしまうと水を使用していないのにも関わらず水道代の負担が増えてしまうことになります。給湯器の修理が完了するまでは水道の元栓を閉めておくという方法も考えられます。元栓を閉めてしまえば、水道料金の無用な負担はなくなります。元栓を閉めてしまうと水か使えなくなってしまいますので、出来るだけ早く修理を完了することが必要です。水漏れ修繕用のテープも市販されていますので、それを活用することもお勧めです。


■家のリフォームの可能性

水漏れの状態を放置してしまうと壁や床を腐食させてしまう場合も考えらます。給湯器の交換修理であれば半日もあれば完了しますが、仮にリフォームが必要になってしまうと長期間の工事が必要になります。更には修理費用も大幅に増えてしまいます。水漏れが起きてしまったら、家全体の配管からの無図漏れを必ずチェックすることが肝要です。普段から、水漏れのトラブルが起きないように、綺麗にそして丁寧に給湯器を取り扱うと良いでしょう。


■まとめ
給湯器からの水漏れをそのままにしてしまうと水道 修理代金が高額になってしまう可能性が考えられます。水漏れによって住宅の壁や床を破損してしまうと給湯器のみならず、家のリフォームも必要になってしまいます。従って、出来るだけ速やかに本体の交換修理をすることがお勧めです。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ