賃貸物件の給湯器の水漏れ

賃貸物件に住んでいる場合に給湯器の水漏れトラブルに遭遇した場合には、自分の判断で修理を進めることは避けなくてはなりません。水回りなどの修理費用は管理組合が負担してくれる場合もありますので、まずは相談をするようにしましょう。

■管理組合に相談

賃貸物件の場合には賃貸契約の内容に沿って給湯器 水漏れ修理を進めていくことが必要になります。自力で修復可能な簡単なトラブルでない限り必ず管理組合に相談をして、修理の許可をもらったうえで、業者に連絡をすることが必要です。隣室の住人に修理を行うことの挨拶もしておいた方が無難です。
部品の緩みを工具で締めなおしたら直る程度の水回りのトラブルは、管理組合に相談する必要はありません。修理に必要となる工具は、あらかじめ購入しておくようにしましょう。

■修理費用についても確認

持ち家の場合には修理費用はすべて自己負担になりますが、賃貸の場合には管理組合が負担してくれることも考えられます。修理費用についても相談してみることがお勧めです。場合によっては全額を管理組合が負担してくれるケースも考えられます。管理組合が無いケースでは、大家さんに相談してみてもいいでしょう。


■まとめ
賃貸物件に住んでいて、給湯器のトラブルに遭遇した場合にはまずは自分で修理をしてみることが必要です。業者を呼ばなくてはならないような大掛かりな交換修理の場合には、管理組合に相談をしてから、修理のプロセスを進めていくことになります。併せて管理組合に修理費用の負担についても確認してみることがお勧めです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ